« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

ガーデニア

目撃情報…

市ヶ谷スタジオ裏手にある東京理科大の植込みにたくさん咲いています。

スタジオから少し駅に戻った辺りです。

ICGのみんなは来週のレッスンで、AKBのみんなは振替えに来ることがあったら見つけてみてください。

とっても甘く良い香りです

くれぐれも怪しまれないようにね

以上

2013年6月26日 (水)

一枚のポストカード。

一昨年のハワイ滞在の折、イオラニパレスを訪れました。

地下の展示室の並びにある小さなギフトショップで買った一枚のポストカード、『1895年、ヨーロッパにて…』とあります。

力を宿したその瞳はカメラのレンズではなく、もっと先の何かを見据えているようです。

このとき、祖国ハワイは動乱のなかにありました。

留学先のイギリスから8年ぶりに帰国したのはこの2年後、そして4年後の1899年、カイウラニ王女は23歳の若さでこの世を去ります。

王室の次世代後継者として生を受け、ハワイ中の人々から愛された強く美しい女性…アメリカに併合されたその後のハワイを生きていたら、どんなことを考えたのでしょう。

一昨年の記事はコチラ
http://napuaalohalani.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-8c9d.html

2013年6月24日 (月)

花々。

緑がよりいっそう深まる季節…ハワイアンソングにも登場する花に出会う機会がありました。

写真は上から、ガーデニア、ピカケ、オヒアレフア

もうすぐ満開を迎えるガーデニア(くちなし)は、日本でも好んで植えているお家が多くあります。

何年も前にハワイ島の墓地で見かけたことがありますが、墓石に寄り添うように咲いているその姿にご家族の思いが感じられ、心打たれたことをよく憶えています。

甘く強い香りを伴って開花するため、少し離れたところからでもその芳香を辿って白く大きな花を見つけることができます。

ピカケ(ジャスミン)は独特の上品な香りを放つ可憐で小さな花、世界各地で愛されています。

レイを作るときにはシングルで100輪以上の開ききらない花を必要とするため、レイに適した花を集めるのは大変な作業といわれています。

数連で付けるのが常ですが、贈る場合、その本数によって意味があります。
1~2本:友情
3~4本:ロマンス
5~6本:愛しています
6本以上:プロポーズ

オヒアレフアは、火山が噴火しマグマが通った後の不毛の土地にコケ・シダ類の次に根を張る強い生命力を持った植物です。

日本の気候で育てるのは困難ですが、鉢で頂く機会に恵まれました。

みんなが作ったリボンレイの葉が、少しカーブしている本物の葉にそっくりです。

ガーデニアなら身近な場所で出会えそうですよ…嗅覚を研ぎ澄まして、ぜひ見つけてみてください

富士山と満月

一昨日の土曜日、富士山の『世界遺産』への登録が決定しました

浮世絵の題材などに用いられていることからその文化的価値を認められ、”文化遺産”としての承認…45キロ離れた静岡県の三保松原は除外される見通しでしたが、一転、含めての登録となり、地元では驚きと喜びで涙を流す人も。

審査当日、諮問機関は改めて除外の意向を示しましたが、会議に参加した19ヶ国すべての代表が「含めるべき」との見解を主張しました。

文化庁をはじめ、尽力した関係者の方々の努力と情熱が実を結んだ結果となりました。

お祝いムードに沸く一方、この決定により今夏は登山客が相当増える見込みで、環境問題の悪化や安全・衛生面への不安について早くも議論されています。

これからも世界に誇れる富士山であってほしいですね

さて、昨日は”スーパームーン”でしたが東京では曇り空に阻まれ、その姿を確認することはできませんでした。

楕円軌道を回る月が地球に最も接近したときに満月と重なる現象で、年に1回ほど観測されます。

米航空宇宙局(NASA)によると通常の満月に比べて大きさが14%、明るさが30%増すとのことで、実際目にしてもその違いを感じることができます。

次回は2014年8月11日、どうか晴れますように…

2013年6月20日 (木)

ワイアナエ。

日曜日は、小学1年生のときの同級生が開いたフライベントに参加しました。

数年前、タウン誌の記事で彼女が地元でハーラウを開いていることを知り、会いたいと思いながらこれまで果たせずにいました。

今回、見逃していたドキュメンタリー映画の上映場所を探していて辿り着いたのが、なんと彼女が主催する上映会。

私は小学2年生に上がるときに転校をしていたので、再会は35年ぶりくらいでしょうか。

「全く変わってないね。」と私が言うより先に耳に届いた言葉は、「お母さんそっくり!」

ウソでしょっ

上映会の後は、3つのハーラウによるフラショーでした。

入場は無料ですが、ご案内には『不要になった書籍をお持ちください。』とあります。

集められた書籍を買い取ってもらい、その収益をオアフ島ワイアナエ地区の子どもたちへのサポートとしてハワイに送金しているそうです。

なぜサポートが必要なのか、この機会にぜひ知って下さい⇒コチラ

大好きなハワイのひとつの現実が、ここにあります。

最初の一歩は”知ること”から…来年はみんなでイベントに参加させていただきたいと思います。

この再会に心から感謝します。

2013年6月18日 (火)

再会

先週の土日は懐かしい方々との再会がありました。

まず土曜日は小学4年生のときのクラス会

とても厳しかった恩師が約30年を経た今、どんなご様子でいるのか楽しみ半分、緊張半分…ドキドキしながら会場に到着しました。

お年を召して丸くなられた印象ですが、やはり子育て・教育の話題には熱心で、振りまわされたくないという理由から『携帯電話を持たない』というその一貫した姿勢に当時と全くお変わりないことを感じ、一同安堵感に包まれました。

学校教育ではないものの、クラスで教える立場にある私には有難いお話もあり、気付けば5時間が経過…濃密な時間を過ごしました。

長い月日の隔たりを感じることなく、それぞれの道を歩む同級生の活躍にもたくさんのパワーをもらいました。

ガンバロウ

これこそが。

先週の金曜日、沖縄では平年より9日早い梅雨明けが宣言され、日本列島にもグッと夏が近づいてきました。

そんななか、素敵な出来事がありましたね。

市ヶ谷リコクラスのKーみん…最近入籍されたことを聞き、密かにお祝いの機会を狙っておりましたが、同じクラスのメンバーを始め、他クラスのみなさんのご協力の下、土曜日に直接”おめでとう”と伝えることができました。

真っ赤なお鼻になりながらあんなに喜んでくれるなんて、サプライズを仕掛けた私たちも感激です

誰かのために踊る…衣装やメイクや飾り、何ひとつ身に付けていなくても、どんな場所であっても、贈る相手の心を感じ、また自分自身の心も満たされていくのを実感できます。

そこに言葉は必要なく、これこそがフラ。

みなさんも素晴らしい体験をしました…どうぞ忘れないでください。

Kーみん、末長くお幸せに

2013年6月13日 (木)

何を感じますか?。

6/11はハワイの祝日、”キング・カメハメハ・デー”でした。

6/7(金)・8(土)、オアフ島ホノルルではカメハメハ1世を偲びその偉業を称える『キング・カメハメハ・セレブレーション』が開催され、今年もイオラニ・パレス前に立つ大王像には5メートル以上のレイが幾重にもかけられました。

Kamehameha2013061002

さて、最近ハワイを愛する多くの人にシェアされている映像があるのを知っていますか?

30名ほどのミュージシャンがひとつの曲を歌い綴っているものです。

幸いなことに、昨年、私たちはこの曲に出会う機会に恵まれました。

音楽を通してハワイの文化を継承していくための活動をしている非営利団体、”Project KULEANA”が制作、配信しています。

この曲の意味を勉強したみなさんは、何を感じますか?

コチラからどうぞ。

2013年6月10日 (月)

びわの収穫

雨は降らないものの、蒸し暑い日が続いています…体調管理は万全ですか?

毎日洗濯物がよく乾いて助かりますが、この状態が続くとその後の影響が心配になりますね。

さて、これから忙しくなりそうなので、早くも8月後半のステージに向けて準備を始めました。

前回は”イチゴ”でしたが、今回は季節がら”びわ”でしょうか?

これもまた自信作になりそうな予感…うふっ

2013年6月 6日 (木)

フラビューティーインハワイ。

フラ・ビューティー・イン・ハワイ』というイベントを知っていますか?

プロ用ヘア・コスメティック・メーカー”タマリス”が主宰するイベントで、日本各地から参加する美容師チームが地元ハワイのフラガールをモデルにテーマに沿ったヘアメイクを施し、その後モデルたちはステージ上でフラを踊りながら完成した姿を披露、観客の投票により優勝者が決定されるというものです。

今年で12回目を迎えたロコにも人気のこのイベント、2009年にはハワイと日本の文化交流に貢献したとしてホノルル市長より感謝状が贈られています。

楽しいことが大好きなクム、ここ数年毎年参加しています。

今年エントリーした19組中優勝したのは茨城から参加の美容師チーム、モデルは以前クムのハーラウに在籍し今はそれぞれの道を歩んでいる、私にとってもかつてのフラシスター3人組でした

天使をイメージしたというヘアメイクはとても可愛らしく、クムが撮ったビデオで久しぶりに彼女たちの踊っている姿を見て、とても懐かしく胸がいっぱいになりました。

モデルを務めた3人には副賞として東京ディズニーランド旅行が授与され、今年の11月にみんな揃って来日する予定です。

ディズニーランドには何度も行っているクム…それでもとても嬉しそうだったのは、彼女たちを日本に連れていってあげられるから。

ハーラウにいた子たちは、いつまでたってもクムの子どものような存在…OHANAなんですね

Aゆちゃん、サイトを見つけてくれてありがとう…みんなに紹介できました

2013年6月 5日 (水)

嵐を呼ぶクム

梅雨なのに…降らないですよねぇ

『クムが来日すると荒天にみまわれる』というのは、アラカイの間で密かにささやかれる都市伝説ですが、それが梅雨の時期となると…なんとすっきりと晴れ渡ります

昨夜の便で日本を発ったクムは、無事ハワイに到着しました。

次回の来日は7月の予定、今年は日本で会う機会が増えそうです。

さて、昨日のサッカーワールドカップアジア最終予選、テレビの前で観戦した方も多かったのではないでしょうか。

日本代表チームはオーストラリアと戦って辛くも引き分け、来年のW杯ブラジル大会の出場権を手にしました。

同点PKを決めた本田圭佑選手は一夜明けた記者会見で、「日本の最大の強みはチームワークだが、個々がどのように自立した選手になるかが課題。」と話しました。

世界各国または国内リーグで活躍する選手が、決められた時期にだけ集まってひとつのチームを形成することは簡単なことではないはずです。

誰だって応援したくなりますよね…日の丸を胸に、大きな目標に向かって走り続ける姿はカッコいいですもの。

2014年のワールドカップ…世界の高い壁に、『優勝するつもりで挑む』彼らの活躍に期待しましょう

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »