« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月29日 (木)

スヌーピーの耳②

いろいろなショップとコラボしている”スヌーピー”を最近よく見かけますが、今度は日本の匠たちとのコラボレーション…その初めての作品展が全国で巡回開催されています。(残念ながら東京開催はすでに終了、詳しくはコチラ

SNOOPY JAPANESQUE

仕掛け人はスヌーピーの生みの親、作者のシュルツ氏が”天才”と絶賛した日本人アーティスト、大谷芳照さん。

今朝の情報番組では、日本の”書”との融合…大谷さんご自身による漢字にスヌーピーをあしらった墨絵アートを紹介していました。

大谷さんのお話によると、スヌーピーのあの耳には超犬的な筋肉が備わっているそうです。

縦になっているときはモデルとなったビーグル犬のように丸味を帯びた形状ですが、ハウスの屋根の上で寝ているときの耳は細長く垂れ下がり、両耳がピッタリと屋根の傾斜に張り付いて落ちないように体を支えているんだそうです。

Wallpaper

そういえば…例の”お楽しみ会”の後に頂いた手さげバックのイラストでは、スヌーピーの耳がプロペラのごとく回旋し、ウッドストックたちを運んでいました。

485630_497183607003590_2142577495_2

すご~いっ

2013年8月28日 (水)

ハーモニー

フラショーやイベントではなく、久しぶりに”LIVE”を楽しんできました。

オアフ島の名門カメハメハ・スクールの同級生3人で結成された『Na Leo Pilimehana』

地元ラジオ局主催のコンテストでオリジナル曲『Local Boys』がグランプリを受賞…当時まだ高校生だった彼女たちのその楽曲は、1985年、ハワイのグラミー賞といわれる『Na Hoku Hanohano Awards』の”Single of the year”に輝きました。

その後、数々のヒットアルバムを世に送り出している女性トリオ…彼女たちがアレンジした『Ku`u Hoa』 や『Waikiki』は、フラダンサーにとってもお馴染みのナンバーです。

一番の魅力は何といっても3人の奏でるハーモニー…各々が楽器演奏をし、リードボーカルもとれる才能ある彼女たちですが、折り重なる3つの響きはまさにその名のとおり『Na Leo Pilimehana』”温かく交わる声”そのものです。

ライヴではオリジナルヒットソングからフラソングまで歌われ、途中2人のダンサーも交えてそれはそれは豪華なステージでした。

10代で出会った3人の女の子たちが、成長しそれぞれに年を重ねて多くの経験を積み、若い頃よりも深みの増した、それでいて今も変わらず心地よいハーモニーを紡いでいることに感激しました。

名曲『I miss you, my Hawai`i』で目に涙を浮かべていたK先生、私たちがハワイで出会ってからもう10年が経過しました。

『あなたに会いたい、私のハワイ』…顔を見合わせて、「行きたいね~

私の好きな『Friends』は歌われませんでしたが、こんなエピソードを思い出しました。

最初に入門したハーラウで振りを習ったとき、「クムはこの曲が大好きで、自分のお葬式で流してほしいと言っているのよ。」と、当時の先生から聞かされました。

メロディーはどこかもの悲しく、いろいろな感情が溢れでてくるような…そんな1曲です。

そのクムは何年か前に亡くなりましたが、生前に仰っていたとおり、この曲を聞きながら旅立たれたのでしょうか?

また来年、ぜひ観に行きたいと思います。

『Na Leo』…聞いてみたい人がいたら教えてください。

秋の夜長にお薦めのCD、お貸ししますよ

1377616331376.jpg

それから…自分撮りの技術も磨かねば

デビュー。

朝夕は吹く風が心地よく、エアコンなしで眠れる日が続いています。

週末にかけて暑さは少し戻るものの、峠はすでに越え、来週以降は日中でも秋の気配が感じられる気候になるようです。

さて、8/24(土)”たちかわフラフェスタ”に出演しました。

お天気が心配されましたが、無事に楽しく終えることができました。

スタッフの皆さんの対応がとても丁寧で、温かく迎えられていることを受付手続きの段階から感じました。

昨年はブルーだったステージの背景が今年はピンクに…衣装がよく映えて素敵でした。

来年もぜひ参加させて頂きたいと思います。

我が家はカッツ夫妻が観覧に来ていたものの、踊っているステージ上から、なんと下を向き携帯をいじっているカッツを発見…ビックリです

1377615694631.jpg

市ヶ谷リコクラスは5人全員揃っての参加、この日ステージデビューとなったメンバーが多く、様々な気持ちを仲間と共有できましたね。

1377616698257.jpg

その後の打ち上げは…
言うまでもなく盛り上がり、席替えあり、ビデオ鑑賞あり、食べて飲んで笑って3時間半があっという間に過ぎました。

幹事のP山さん、いつもありがとう

もうすぐ9月、またみんなで”心をひとつ”に頑張っていきましょう。

1377616961380.jpg

2013年8月20日 (火)

夏風邪にご用心

メールや友人と顔を合わせたときの最初の言葉が、「ふー、暑いねぇ…」という毎日です。

アニーが旅先で撮ったレッサーパンダの写真、生き物はどれもみんな同じ気分ですね

1149516_422591331194059_1355702697_

久しぶりに夏風邪をひいてしまいました。

暖かくして栄養と休養を十分に…という基本原則が守れないため、対処に困り長引いています。

食への興味や執着は弱い方ですが、風邪をひいたときにはなぜか決まって”牛タン定食”が食べたくなります。

食欲はあるようですし峠も越しましたので、あとは気合いでしょうか

流行っているようですので、みなさんもどうぞご用心ください。

さて、今週末に迫ったステージ…こちらも久々に20分間、ハーラウ総出の構成です。

なかでも何年ぶりでしょう、今回はソロではなく、私にとって大切なフラシスターと一緒に踊る機会にも恵まれました。

暑さ対策をしっかりとって、みんなで楽しみましょう

頑張ったらコチラもね

2013年8月13日 (火)

たちかわフラフェスタ。

酷暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか…。

昨日、高知県四万十市では史上最高気温となる41℃を観測しました。

熱中症により亡くなった方のニュースが毎日のようにテレビで流れています。

私たちも充分な対策と的確な処置をとりましょう。

今年の夏は暑さに加えて局地的な豪雨が日本の各地に被害をもたらしています。

地球環境を取り巻く状況は、明らかに刻々と変化しているようです…ハワイの雨季も10年程前とは時期がずれていると聞きます。

先日大きな筒が届き、開けてみると…『たちかわフラフェスタ』の特大ポスターでした。

私たちは初日2番手の出演です。

【出演時間】
Halau Na Pua Mai Ka Lani Iapana 東京教室
8/24(土)13:40~ 20分間

総勢19名で、暑さも吹き飛ぶ”cool””nice”なショーをお届けします

1376353210335.jpg

さて、我が家の植物事情ですが、しばらくの間楽しませてくれたピカケは終わり、バトンタッチするようにマダガスカル・ジャスミンの蕾が開き始めました。

ピカケとは趣の異なる、とても爽やかな香りです。

1376353223477.jpg

暑い夏…食べて飲んで笑って乗り切りましょう

2013年8月 8日 (木)

150年前。

先月末頃からよく耳にする”ピンポイント豪雨”、特定の地域に振る激しい雨のことだそうですが、ゲリラ豪雨がどこで発生するのか分からないのに対し、こちらはある程度の予測は可能ということです。

朝晴れていても、急激な気象状況の変化に備えて折り畳みの傘はバックに入れておいたほうが良さそうですね。

さて、年を重ねるにつれ、よく吟味して買い物をすることが多くなりましたが、先日久しぶりに衝動買いをしました。

ガラス玉を連ねたブレスレットですが、中央のエンジと黒の縞模様のものは、なんと150年程前のベネチアンガラスだそうです。

1375758638528.jpg

今から遡ること150年というと1863年…ハワイでは、ハワイ全島統一を成し遂げたカメハメハ1世の孫、カメハメハ5世がハワイ王朝第5代国王として即位した年です。

先に王位に就いた弟のカメハメハ4世が29歳の若さで急逝、その後継者となりますが、彼もまた未婚のまま世継ぎを残すことなく1872年に42歳でこの世を去ります。

イオラニ宮殿とカメハメハ大王像を挟んで向かいに建つ立派な建物は、1871年にカメハメハ5世の宮殿として着工された建物ですが、1874年の完成を待たずして国王は他界、建物は宮殿として使用されることは一度もないまま、現在はアリイオラニ・ハレ(天国の王の館)と呼ばれるハワイ州最高裁判所となっています。

アリイオラニ ハレの画像 - 観光名所の写真
アリイオラニ ハレ (トリップアドバイザー提供)

カメハメハ5世が亡くなった時点でカメハメハ大王の直系子孫は途絶え、第6代国王には王国にとって初めてとなる選挙により選出されたルナリロ王が即位します。

さらにルナリロ王も在位わずか1年程でやはり後継者を指名することなく亡くなり、再び選挙によって選ばれたのが、みなさんにも馴染み深い、第7代カラーカウア王です。

幻の宮殿建設から約10年後の1882年、このカラーカウア王によってイオラニ宮殿が建設されます。

その後ハワイ王国は動乱の時期を迎え、白人勢力によるクーデターが起こったときには、まるでイオラニ宮殿と対峙するかのように、白人たちは臨時政府をアリイオラニ・ハレに置いたといいます。

プレゼンも終盤に差しかかってきました。

みなさんの着眼点もそれぞれに面白く、発表の内容もとても興味深いものです。

さてさて、どんな人物像が浮かんできましたか?

2013年8月 6日 (火)

耐久テスト。

夏らしくカラリと晴れた暑い日もあれば、突然の雷雨や強風などの不安定な天候もあり、外出時には天気予報をしっかりとチェックするような毎日です。

さて、リコクラスのレイがようやく1本仕上がりました。

さらに4本分をどんどん縫って繋げていきます…印付けのお手伝い、お忙しいなかありがとう

作り終えたレイには、みなさんにお渡しする前に大切な工程がまだ一つ残っています。

下の写真で分かりますか?耐久テストです。

2日ほど吊るし、問題がなければ完成品としてみなさんの元にお届けとなります。

先端に結びリボンを両面テープで接着しているため、粘度が弱いと取れてしまう可能性があるのです。

生花を使用する大会でも、結び目が解けてレイやクペエが床に落ちてしまう場面に遭遇することがあります。

一生懸命練習して臨むステージ、それでは本当に残念だと思うので欠かさず行っています。

1375698517307.jpg

翌々週に迫った『たちかわフラフェスタ』のステージ詳細が決定し、エンディング曲での”全クラスミックス立ち位置”の構想も変更を余儀なくされました…私のお昼休みが

1375698524021.jpg

これからも、どのクラスがどのように混ざっても全体で一つのフラになるように頑張っていきます

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »