« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

天空からの花。

次々と花が咲き、街中が様々な色彩によって描かれた絵画のような美しい季節です。

あるサイトの記事に”マーマネ”という植物にまつわるお話を見つけました。

あの曲に登場しますね…ぜひ読んでください。

http://www.hulalea.com/diary/hula/blog.php#entryId205

こちらはいまが盛りのハナミズキ



私たちはそれぞれに素晴らしい個性を持った種類の異なる花、一つとして同じものはありません。

たまたま天空から舞い降りた場所が同じでした。

互いに尊重し合い、こうして今、ともに同じ時間、同じ気持ち、その他さまざまなことを共有しています。

みんなを見ていると、まるで相応しい名前を後から授かったかのように、このハーラウ名がしっくりきます。

さて、GW後半は晴天に恵まれるそうですね。

何をしましょうか…

お仕事の人もいますね、頑張ってください。

大笑い

メリーモナーク・フェスティバルが終了、観戦後に毎年強く思います…『来年こそは行こう。』

今年は特にアウアナのソロ、グループともにどの衣装も凝っていて、一枚の生地からドレスを仕立てたハーラウは少なかったように思います。

裏地に全く別の色を貼ったり、レースを重ねたり、違う素材を合わせたり…いくつかのパターンになりがちな袖の形にまでクムのこだわりが見出せました。

昨年ミスアロハフラを輩出したマウイのハーラウ、ソロでは2年連続のタイトル獲得は叶いませんでしたが、今年もグループは素晴らしかったです。

カヒコは衣装もシックな色合いで素敵でしたが、シンガーでもあるクムらしく、ダンサーがチャントを綺麗にハモりながら流れるように踊ります。

ひとり一人ではなく、”一つのフラ”となってまるでこちらに話しかけてくるような、そんな印象でした。

そしてアウアナ、今年はイリイリでティーリーフスカートを大きく揺らしながら軽快な曲に乗り、見事にフォーメーションを決めていきます。

酷使した眼を輝かせて見入っていると、そこにカッツ登場…

「ねぇ、どうしてみんなゲンコツで踊ってるの?」

私のテンションが”ハイ”だったから助かったものの、通常でしたらこちらがゲンコツを出すところです。

メリーモナーク観戦3日目、疲れもピークに達した頃にイスから転げ落ちるほど笑った出来事でした。

公式サイトに映像がアップされています。

お時間がある方は是非こちらから。

カヒコ
http://www.k5thehometeam.com/story/25347893/kahiko-hlau-n-lei-kaumaka-o-uka

アウアナ
http://www.k5thehometeam.com/story/25351643/auana-hlau-n-lei-kaumaka-o-uka

2014年4月27日 (日)

ハワイ時間の木曜日18:00からメリーモナーク・フェスティバルのコンペティションがスタートしました。

日本からも多くのフラダンサーやメリモファンの方々がハワイ島ヒロに集まっているようです。

PC観戦も本日3日目、ここで一つ問題なのが私の”眼”

焦点が合いづらく、近くの文字もそうですが、最近では街中でも看板や人の顔がうまく判別出来ません…よって長時間の視聴は非常に疲れます。

毎年DVDを購入するのですが、ここ数年は発売まで待ちきれずに3日間予定を空けて生中継を楽しみます。

観ていて特に興味深いのがフォーメーション、上からステージを映すカメラに切り替わると思わずメモを取ってしまいます。

クムたちのこだわりが色濃く反映される衣装もそれぞれの工夫や細工を見つけるのが面白く、気が付くと目を細めてモニターに接近…ますます眼には悪影響です。

さぁ、残るはアウアナグループ後半とアワード…楽しみです。

みなさんも素敵なGWをお過ごしください。

2014年4月22日 (火)

クムワーク。

日曜日のクムワーク、今回はタヒチアンに挑戦です。

遠くから静岡教室の生徒さん、またアラカイも数名参加しての賑やかなワークとなりましたね。

まずはベーシックからのスタート、最初はクムのちょっかいに笑顔で応えていたものの…そのうち誰もが真剣な眼差しに、そしてみるみる汗だくになりました

筋肉痛になった人?

「はーい

ところで、クムの日本語がまたさらに上達したと思うのは私だけでしょうか?

数年前までは、クムの思い描くその曲の世界観や情景と自分自身を繋げるのがとても大変なときもありました。

曲が生まれた土地に住む人とそうでない人、または言葉の違いなのかとも思っていましたが、今ではクムの日本語の説明を聞いただけで、すーっと曲に入り込めるような気がします。

そしてクムは、この曲の主人公のように夢を見て、鳥になって、愛しい誰かを探しに行く…本当にそんな風に踊って見せてくれました。

素敵なストーリーの曲です。

終わった後は、もちろん”カンパーイ”

お疲れさまでした

クムは翌月曜日に出国、無事ハワイに到着しています。

次回は7月に来日予定…

え?

またすぐじゃーーーーーーん

サプライズ。

結果から言いますと、サプライズ大・大・大成功

今回の計画では先生はもちろんのこと、『生徒さん全員に知られないようにねっ』とのお達しがあったため、小田急線の車内からすでに極度の緊張状態、降車駅が近づくとクムも私も居たたまれず席を立ってソワソワ

9:30には横浜教室のホーイケが行われる会場最寄りの海老名駅でクムと待機、私は一足先に会場に向かい様子を伺うことにしました。

まず最初に先生の現在位置確認が必須ですが、ホーイケ当日の先生というのは数秒と同じところに留まっていないものです…ちょっと目を離すと見つからない→探し回る、聞き回る→発見の繰り返し。

会場外の駐車場で生花の髪飾りを付けていた生徒さんたちがようやく全員建物内に入り、そろそろクムを招き入れようかというとき、最後の最後に髪飾りの準備に入る先生が入れ替わりに駐車場へ…まずここで寿命が数日縮みました

そのときクムたちは会場の門外に到着していたのです。

そして間もなく先生も会場内へ、その隙にクムは慌ててエレベーターで2階に上がり、目の前にあった化粧室に飛び込む…これなら安心、ダンサーはみんな女性ですからネ。

と思いきや、先生の旦那様と化粧室内でまさかの鉢合わせ…また私の寿命が数日、いや数ヶ月少なくなったことは間違いありません。

旦那様を捕まえて必死に口止め工作→快諾を得てぎりぎりのところでステージクリア

最終段階…準備中の全員を無理やり会場内に押し込み、廊下が無人になったところでクムが会場の扉外にスタンバイ、私は皆さんにアナウンス。

「ハワイのクムからプレゼントを預かっていますので、いま持ってきますねー。」

そして、クム登場

会場内の全員がみるみるうちに笑顔、笑顔に変わりました。

驚かせてゴメンネ。

生徒さん数人が、「リエ先生知ってたんですかぁ?だったら言ってくださいよぉー。」

言える訳ないでしょ、サプライズなんだからっ。

これまで数パターン見てきたクムの手の内は、これでほぼすべて掌握しました。

私は絶対ひっかからないわ、フフ

先生のお人柄がうかがえる温かい素敵なホーイケ、一緒に踊らせてもらってとても嬉しかったです

この居心地の良い空間は、お教室のみなさん全員の手によるものだということがすぐに分かりました…準備も大変でしたね、お疲れさま。

最後に先生がおっしゃっていました。

「よかったぁ、クムが来ること知らなくって。だって知ってたらもっと準備が大変だったもーん。」

確かに…

改めまして、横浜教室の皆さん、S先生、5周年おめでとうございます。

2014年4月17日 (木)

近場のハワイ

木曜日、晴れ

心地よい気候となり、近くの公園は毎日外ランチの人で賑わっています。

これからの季節、都内各所でハワイアンイベントが目白押し…今年はいろいろなステージにエントリーを試みています。

申し込み開始後すぐに満枠となってしまい希望通りにいかないこともありますが、それでも数件のお話を進めています。

イベント出演に際しては、アナウンス→ダンサー確定→曲決定→フォーメーション→練習・本番という順序で、その間にも事務局への提出物や音源作成など一連の事務作業が伴います。

出演予定が続けば、各々締切日も異なるためこれらが複雑に絡み合い、ある日突然全く訳が分からなくなる…

まさに今がそのとき、嬉しい限りです

先日、日本海に沈みゆく太陽を見る機会がありました。

帰路では白馬岳の麓で美味しいお蕎麦を味わい、途中のSAでは濃厚ミルクのソフトクリームに夢中…旅の思い出はいつでも”美味しい記憶”とともにあります。

雄大な景色を目の前に想うのは…『あー、ハワイに行きたーい

すぐには飛んで行けませんが、近場のハワイで楽しんじゃおうっと。

2014年4月 9日 (水)

MMF2014

今年もメリーモナーク・フェスティバルの季節がやってきました。

昨年より3週遅く、コンペティションは下記の日程で3日間に渡り行われます。

最近ではインターネットを通じ日本に居ながらにしてLIVE観戦ができます。

PCや移動中はスマホを開きつつ、ハワイの友人知人から感想・情報がSNSに続々とアップされるのでそちらにも目を通していると数時間はあっという間に過ぎ…終了後は誰とも話したくないほどグッタリ

これが3日間続き、最初は「大変ねー。」と笑ってコーヒーを淹れてくれた家族も最終日には目の前を素通りします。

今年は数年ぶりに戻ってきた強豪ハーラウの出場、また前夜祭には昨年の伊香保ハワイアンフェスティバルの大会で総合優勝を果たした岡本聖子先生のハーラウが登場するなど盛りだくさん

そして、今年のミス・アロハ・フラには13名のエントリーが決定しています。

【2014年コンペ日程(日本時間)】
4/25(金)13:00~ ミス・アロハフラ
4/26(土)13:00~ カヒコ
4/27(日)13:00~ アウアナ&アワード

LIVE中継はコチラから視聴可能です

2014年4月 8日 (火)

お付き合いありがとう。

東京の桜は満開を過ぎましたが、今週は入園式や入学式ラッシュ…”始まる”、”始める”季節です。

2011年4月にスタートしたマミーズクラスは、4年目を迎えました

スタート時から通ってくれている人、二人目のお子さんを産んで戻ってきてくれた人、新しく仲間に加わった人、現在は在籍数10名を超えるクラスとなりました。

開講当初、ハイハイやつかまり立ちがやっとだった天使たち…ママたちはレッスンに集中できず子供たちからまったく目が離せませんでした。

その後、成長して子供同士で遊んでいてくれる時間も増え、ママたちも何回か続けて踊れるかなーというのもつかの間、小さな可愛い”いざこざ”や”イタズラ”が勃発すると踊りながらも視線は子供たちにクギ付け…そんな時もあります。

毎年4月になると一人二人と幼稚園生になって平日お昼間のレッスンでは会えなくなる子も増える一方で、新しい仲間が小さい子を連れてやってきてくれたりもします。

幼稚園がお休みの日と重なれば、ママと一緒にレッスンに来て久しぶりに会えたりネ。

この春、マミーズクラスを立ち上げてくれたAちゃんのお子さんDくんも幼稚園にあがります。

行きたくない日も、ママと離れたくない日もあったよね…3年間、お付き合いどうもありがとう。

お友達をたーくさん作って、元気いっぱい遊んでね

そういえば、ケイキクラスにも来てくれた年中さんになる女の子Yちゃんと、映画『アナと雪の女王』のお話で盛り上がりました。

改めて、どの年代のココロもとらえて離さないディズニー映画に驚きです

2014年4月 3日 (木)

どっち派?

ほらね…

今日は木曜日、またしても雨

サービスデイを利用し、先日『アナと雪の女王』を観てきました。

ストーリーはもちろんのこと、素晴らしいのはキャストたちの歌声…堪能しました。

ディズニー創立90周年記念作品となる本作は世界各地で大ヒットを記録し、最後の公開となった日本でもわずか10日間で興行成績30億円を突破するという驚異的なペースです。

ディズニー史上初のダブルヒロイン、どちらもチャーミングで魅力的…”あなたはどっち派?”といったアンケートも行われているようです。→コチラ

日本語吹替え版では、姉の雪の女王役を松たか子さん、妹のアナ役を神田沙也加さんが演じています。

この映画の監督が来日した際、神田さんが目の前で劇中歌を披露、監督は感激のあまり涙を流したそうです。

実力派女優で歌唱力も抜群、このふたりの競演も観てみたいものです。

うっかりクムに聞かされてしまったあるシーンが、まさにこの作品のクライマックスだったことも判明…それでも、とてもいい映画でした。

ぜひ、音響設備の整った劇場での鑑賞をお勧めします。

2014年4月 1日 (火)

命の洗濯

今日から4月、新年度のスタートです。

季節が廻るたびに年明けからの過ぎた日にちを数えがちですが、今年はそれを止めてみます。

さて、Y先生が言うところの”命の洗濯”をしてきました。

日帰り温泉施設の休憩所からの景色…富士山は雄大で美しく、いつ見ても惚れ惚れします。

3月、富士山の山梨県側の中腹で大規模な雪崩が起き、4合目の休憩施設や展望台の一部が雪に押しつぶされるなどの被害が出たそうです。

5合目と麓を結ぶ有料道路を完全に覆っているそうで、例年4月上旬に開通する目途が今年は立っていないとのこと…早期復旧が待たれますが、山梨県側からの登山客の足に影響が出るのは必至のようです。

春ですね…



どんなステキなことが起こっちゃうのか、ワクワクします

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »