« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

フラサークルスタート。

7月より、ママのためのフラサークルを新たに大田区内の施設にてスタートしました。

ゆったりとフラを楽しもうというクラス…小さなお子様連れのママを中心に月2回、金曜日の午前中にレッスンを行います。

かつての教え子Sちゃんの呼びかけにより体験会には10数名の方にご参加いただきました。

その日のうちにご入会希望のお返事もあり、晴れて7/25より本格稼働

スタートしたばかりのクラスではまだ生徒さんとの距離がありますが、その分客観的にいろいろな事を考えながらレッスンを進めていくことができます。

そのなかで頭をよぎるのは、私が最初にフラを習った風景。

レッスン場所の様子、先生の声、デッキがどこにあり自分がどこに立っていたのか、カッツはどこにいたのか、ひとつのイメージとしてふわっと浮かんでくるのです。

これから、フラを通してたくさんのことをみなさんとシェアできたら嬉しいです。

幼稚園も夏休みで子ども達の元気な声が響くなか、私もそのパワーに負けずにいきたいと思います

HPにも情報をアップしました。⇒コチラ

消しゴムはんこ。

梅雨が明けて酷暑だった数日をどうにか耐え、その後、昨日までは朝晩に心地よい風も吹いて過ごしやすい日が続きました。

今日はまた朝から蒸し暑いですね

先々週あたりから喉風邪をひき、今回は薬に頼らず気合いとプロポリスで治すことに決め果敢に闘っていましたが、いまだグズグズしています。

汗をかいて冷房にさらされたり、窓を開けたまま寝て気温の下がった外気で喉を傷めたり…夏を健康で快適に過ごすのも大変です。

みなさんもどうぞお気を付けください。

昨年か一昨年、偶然にもサイトを見つけてその可愛さに夢中になり、ぜひお願いしたいと思いましたが当初はお休み中、今年になってオーダー受付を再開された”消しゴムはんこ”作家のCOCOLAUさん

念願かなって、先日こんなに可愛い作品が届きました。

大切にしまっておきたいくらいのお気に入りですが、それでは意味がないので思いきって今月から使います。

/の線で用途が分かりますか?…どうぞお楽しみに。

こんなに可愛いハガキとメッセージが添えられ、丁寧に丁寧に包まれて到着しました。

消しゴムでここまでの作品が出来るんですね…本当に素敵

他にも多くの作品を作られていますので、どうぞ上のリンクからサイトにアクセスしてみてください。

やはりハンドメイドはいいものです。

人のぬくもりや気持ち、動かない物品にいろいろなものを込めることができます。

COCOLAUさん、どうもありがとうございました。

実は、ハワイアンネームのはんこもお願いしてみました。

HPをご覧になり、イメージを膨らませて掘って頂いたはんこは…

もったいないので、次回ご紹介します

2014年7月30日 (水)

おめかしワヒネ軍団。

”幸せのおすそ分け”を本気でガッツリ頂きに、いつにも増してキレイに着飾ったみんなと恵比寿に集合…日曜日は待ちに待ったFちゃんの結婚披露パーティーでした。

この写真の花嫁の表情が全てを物語っています。

おめかししたワヒネ軍団の珍しいショット、いつもはブレイド姿だったり舞台に備えてメイクが控えめだったり、時にはすっぴんで会うこともあるのに、なんだかお互い気恥ずかしくて最初はモジモジ…

私も含め久しぶりの慶事の席を迎えるにあたり、事前に何を着ていくか探り合いながらもみんなこの日をとても楽しみにしていました。

そして、お祝いにみんなで1曲踊らせて頂きました。

フラは笑顔で踊るということをお話しながら感情が納まらず泣いてしまった私に、会場内から「笑顔で頑張れ!」と声援が送られました。

お祝いする立場なのに励まされるなんて恥ずかしいったら…

とても温かい雰囲気のパーティーは、新しく誕生したばかりのこのご夫婦あってのもの。

みんなでプレゼントした髪飾りはグリーンがよく効いたシックな色調で、シンプルな装いの花嫁にお似合いでした。

さて、ブーケトスで次なる花嫁候補になったのはKちゃん、落ちてきた…というより予想外の猛スピードで飛んできた花束をつかみました。

誰かが、「これからはうちのメンバーでブーケトスが回るように狙って投げればいいんじゃない?」と言っていましたが、それでは全くご利益がないような…気もします

お茶目で優しい旦那さまと幸せいっぱいのFちゃん、惜しみなく今よりもっともっと幸せになってください

ご結婚、本当におめでとう

キルト部。

我がハーラウには、レッスン以外の課外活動としていくつかのクラブが存在します。

その先陣をきって最初に発足したのが”ハワイアンキルト部”、ハーラウ外からの参加も含め和気あいあいと活動している様子がFBへの投稿などからうかがえます。

そんなキルト部メンバーから、ハーラウ創立5周年記念の品を頂きました。

キルトの魅力は何といっても手作りです。

完成まで各種の工程を踏みながら、そのすべては人の手によって進められます。

1針1針に想いを込めて…となると、多少手は遅くなっても一人より気の合う仲間と話しながら笑いながら作業をするのが一番いい環境といえるでしょう。

キルト部のみんな、どうもありがとう

当日、どこかに飾らせて頂きます

2014年7月22日 (火)

8・9月の予定。

8・9月のスケジュールをお知らせします。

関係のあるクラスは、下記にてご確認ください。

8/2(土)
市ヶ谷スタジオ
10:15~12:00 ワヒネ・リコクラス合同レッスン
12:00~13:30 クペエ作りレクチャー1回目

8/16(土)
市ヶ谷スタジオ
10:15~12:00 ワヒネ・リコクラス合同レッスン
12:00~13:30 クペエ作りレクチャー2回目

8/17(日)
新小岩 10:00~17:00
衣装作り(生地裁断)1回目⇒対象:全クラス

8/31(日)
新小岩 12:00~17:00
衣装作り(生地裁断)2回目⇒対象:全クラス

9/20(土)
市ヶ谷スタジオ 午前クラスの時間帯
ドレス仮縫い⇒対象:秋葉原ワヒネ・市ヶ谷ワヒネ

クペエ作りレクチャーには、復習したい人も参加OK

衣装作りの日は無理をしなくて結構ですが、参加できる人は是非お手伝いをお願いします。

以上

もっと素敵なこと。

おそらく、梅雨は明けましたね

でも、やはり気象庁からの正式な発表がないと「夏本番!」という気分にならないから不思議です。

さて、私に起こった”もっと素敵なこと”とは…

先日のワークが始まる前のこと、支度やストレッチをしているみんなの様子を眺めていたクムが言いました。

「みんな髪が長くなったね…綺麗。家族みたい。」

「家族?」

「そう、あなたのところは小さいグループだけど、みんなフラも真面目に頑張ってる。ファミリーだよ。それが一番いいんじゃない?」

フラという共通項においてみんなは同じ立ち位置で同じ方向を見ている…血縁関係はないけれど、まるで家族のようだと言ってくれたのです。

ありがとう、クム…とっても嬉しかった

と、ここまでは美しいお話。

実は私、この会話の中でとんでもない聞き間違いをしていたのです。

まぁ、途中ですぐに気が付いたので感激は色褪せませんでしたけど。

どう聞こえたのか、会話の部分をもう一度…

「みんな髪が長くなったね…綺麗。裸族みたい。」

裸族???」

(確かに、裸族のみなさんはきっと相当髪が長いんでしょうねぇ…)

「そう、あなたのところは小さいグループだけど、みんなフラも真面目に頑張ってる。ファミリーだよ。それが一番いいんじゃない?」

クムが英語で言い直してくれたから内容を把握でき、その後すぐに歓喜の嵐が起こりましたが、そうでなければ私の頭の中はのまま…むしろ、クムが”裸族”という日本語を知っていたことに、ある意味感動すらしていました。

自分でもびっくり

家族のみなさん、これからの暑くて熱い夏、ともに乗り切りましょう

2014年7月16日 (水)

素敵なこと。

虹を見た翌日の土曜日、クムワークを開催しました。

残念ながらお休みとなってしまった人もいましたが、今回は初めての全クラス合同。

小気味よいテンポの軽快な曲は、みるみるうちにみんなを虜にしました。

教えながら踊ってみせてくれたクムの表情の豊かさといったら…みんなの脳裏に色濃く焼きついたことでしょう。

私たちもあれを目指します

ホーイケの雰囲気にピッタリの曲、みんなと一緒に踊る日が待ち遠しいです

ワークの後は29にGO

ワークと29…さて、虹を見た後に起こった素敵なことはどちらでしたか?

そして、私にはもっと素敵なことがありました

イムア!。

7/9に鑑賞した常磐音楽舞踊学院50周年記念公演『イムア・未来へ』

素晴らしかったの一言に尽きます。

映画「フラガール」のなかで松雪泰子さんが演じた役のモデルとなったカレイナニ早川先生もステージに上がり、たくさんの方々からのお祝いの言葉やパフォーマンスに万感迫るような表情で涙ぐんでおられました。

半世紀もの長きに渡りステージに立つダンサーへのご指導はもちろんのこと、地域社会への貢献、さらには毎晩ステージで繰り広げられるショーを通じてハワイを含むポリネシア文化を日本に広く紹介し、その理解と発展にご尽力されました。

ハワイからのスペシャルゲストは、昨年メリー・モナーク50周年の記念の年に再結成して前夜祭に登場、会場を大いに沸かせたハーラウ、ザ・メン・オブ・ワイマープナのダンサーたち…アップテンポな曲を休憩なしで数曲踊りきりステージに華を添えました。

彼らは、1987年に35歳の若さでこの世を去った伝説のクムフラ、ダリル・ルペヌイの教え子たち…ということは、そう、ダンサーは50代から60代の、しかも今では有名なクムフラのみなさんでした。

現在は指導者として各々に活躍の場がありながら、彼らが昨年のメリー・モナークと同様にお揃いの衣装を着て踊るのをこの目で見られるとは、とても貴重な機会に恵まれました。

その他、日本からのゲストも多数、震災のことにも触れながら、50年のこれまでの歩みを振り返り、一夜限りのこのショーのタイトルである”未来へ”向かって前進しようとする、あの土地に生きる人々の決意を、私たち観客にはっきりと示したように感じました。

スパリゾートハワイアンズ、またいつかみんなで行きましょう

レインボー

先週金曜日の夕方に掛かった大きな虹、みなさんは確認できましたか?

条件が揃っていたので慌てて二階のベランダに出てみたら、見事に半円の虹が視界いっぱいに広がっていました。

所によってはダブルレインボーに見えたそうですね。

近所の小学生が、「なかなか見れないんだよー。写真撮ろうっと!」とはしゃいでいました。

そうか…小学生でもスマホを持ち歩く時代、簡単に記録に残せますね。

どうか記憶にも残りますように

その後クムから電話があり、興奮して虹の話をしたら、「ふーん。」って…

まぁ、ハワイでは毎日のように遭遇できますものね

夕日が映りこんで幻想的なまでに綺麗に見えた虹…素敵なことが起こりそうな予感

2014年7月 9日 (水)

映画「The HAUMANA」

昨夜、心待ちにしていた映画を観に行きました。

「The HAUMANA」

ハワイを舞台に主人公はフラダンサー、監督はケオ・ウールフォードさん、ハワイのハーラウに属するフラダンサーであり舞台を中心に活躍する役者さんでもあります。

彼は役者としてこれまで様々な場所に生活の拠点を持っていました。

ハワイの外の人たちに自分がフラを踊ると話すと、フラフープをやっていると思われたり、男性が踊るのを不思議がられたり、そもそもフラとは一体何なのかと疑問を持たれたり、その認識の薄さに驚いたといいます。

そんな彼が5年の歳月をかけて世に送り出したこの映画が、ハワイの文化であるフラとはどんなものなのか、フラに関わらない方たちにも広く知られるきっかけになれば嬉しいですね。

20130518_564590

フラは、”見て、聴いて、嗅いで、味わって、触れて”、私たちの五感で踊るもの。

そんな台詞が劇中にでてきます。

でも、歌の情景を眼前に置いて踊る機会はほとんどありません。

では踊っているとき、どのように五感を使うのか…

自分自身と繋がってみたらどうでしょう。

いつか見た美しい山の稜線、いつか聞いた穏やかな波の音、いつか香った甘い花の香り、いつか感じた風の心地よさ、そんな自分の中の記憶を思い起こしながら踊ってみることはできますね。

それが、その人の”HULA”なのだと思います。

そして今夜はこちらを観に行きます。

チケット代は全額、福島の子どもたちの教育支援のために寄付されるそうです。

常磐音楽舞踊学院創立50周年を記念した一度限りのコンサート、楽しみです。

2014年7月 8日 (火)

台風8号

大型で非常に強い勢力を持った台風8号は、沖縄に台風では初となる特別警報をもたらしました。

梅雨明けしたこの時期の沖縄旅行を楽しみにしていた方も多かったでしょうに、沖縄に接近する台風としては過去最強クラス、最大級の警戒が必要といわれる事態となりました。

進路予想図を確認すると、台風は日本列島に沿うように北上し、関東では金曜日あたりからその懐に入ってしまいそうです。

クムは木曜日の午後に成田に到着予定、あの強烈なパワーで進路をずらすとか何とかできないものでしょうか…

さて、市ヶ谷ワヒネは赤のロングレイ、リコは短めのオレンジのレイ、”ハイビスカス”という名前のリボンレイは手間と時間がかかりますが、その分褒めて頂くことも多くみんなもお気に入りのようです。

ひとクラス分を仕上げる度に、これで最後、これで最後と思いながら、時間が経つと生みの苦しみを忘れてまた作ってみたくなるのです。

そこで、このレイを持っていなかったAKB4には、女子ならテンションが上がるであろうピンクを選びました。

まだ試作の段階ですが、似合うかな…ピンク。

それぞれのイメージも大切ですが、それを覆して新しい境地に至るのも悪くないと思いました。

でも、ホントに似合うかな…ピンク。

まぁ、やってみます。

お仕事帰りの時間帯でお休みする人が少ないクラスでしたが、最近ではフルメンバーでのレッスンがなかなか叶わず、それでもモチベーションを下げることなく前向きに頑張っています。

日常の中でいろいろなことがあっても、仲間に会いに、フラに浸りに、ハワイを感じにレッスンに来てくれるみんなを見ていると、ホーイケのテーマに真っすぐに繋がっているような気がして嬉しくなります。

この週末、私も日帰りの小旅行…美味しい空気を吸って美味しいものを食べてたくさんおしゃべりしてきました。



七夕には間に合わなかったけど願い事をひとつ。

まずは今週、どうか無事に乗り切れますように

2014年7月 1日 (火)

ご結婚おめでとう。

ジューン・ブライドがもう一人、白無垢のよく似合う可愛い花嫁さんと幸せそうな笑顔が印象的な旦那さま。

洋装のお式も素敵ですが、和装での神前式は厳かで趣があり、外から様子をうかがっているこちらまで気持ちの引き締まるような、凛とした不思議な空気感がありました。

お二人のご実家が近く、地域の方々に祝福されているのがよく分かりました。

お式はご親族のみとのことでしたが、私たちと同じく晴れ姿をひとめ見ようと神社に立寄った方がいらっしゃり、式を終え人力車で宴の席へと向かう二人が建物から現れたときには、誰からともなく温かい拍手とお祝いの声が沸き起こりました。

披露パーティーは7月末、最近ではお祝いの席にあまりご縁がないゆえ楽しみにしています。

とっても家庭的なFちゃん、優しい旦那さまに出会えてよかったね…末永くお幸せに



« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »