« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月27日 (木)

夏の行方

夏はどこに行ってしまったのでしょう?

今朝の情報番組のお天気コーナーでは、日中は4日ぶりに30℃を超えると伝えていましたが…

湿度が高いので依然として熱中症には警戒が必要とのことですが、この寒暖差の方がよりダイレクトに身に応えます。

週間天気予報を見てみると、8月中は30℃を超える真夏日がもうありません

今週末はビッグイベントがあるのに…

山梨+静岡+名古屋+東京教室合同のBBQ大会

我が東京チームは”お肉”と”くじ引き”の担当。

その他にも、野菜は山梨チーム、海鮮は静岡チームが受け持ち、教室の名にかけて選りすぐりの品々が並ぶ予定…先生たちも張りきっている様子です。

初めての試みですが、皆さんに大好評をいただいたら夏の恒例行事にしましょう。

さてさて、景品は当たるかな

当たったら仲良くシェアしましょー。

お肉の手配を快く引き受けてくださったCさん、ありがとう

くじ引きの景品には、参加する4人の先生がそれぞれに選んだ”アラカイ賞”もご用意しています。

それぞれのカラーがでて面白いのでは?

はたまた、センスが問われてしまうか?

私ですか?

ハイ、考えすぎて決められず、これから買いに行ってきまーす

ホワイトジンジャー

自宅近くのお花屋さんで、ホワイトジンジャーを発見。

数輪の花が咲きかけていましたが、まだまだ楽しめそうです。

顔を近づけて空気を吸い込むと、あー、いい香り

その日の夜には、付けていた蕾のほとんどが花開きました。

近くを通るだけで芳香を感じ、とても幸せな気分になります

そして、翌日。

買ったとき既に咲いていた花輪は、役目を終えたことを悟ったかのようにうつむき加減になりました。

果物でいうと熟れた状態。

ここまでくると、意識しなくても、あの甘く芳醇な香りに全身が勝手に包み込まれてしまいます。

倒れそうなほどに良い香り。

ジンジャーを見つけたら、迷わず”買い”をオススメします。

いい気持ちで久しぶりのRUN RA RUN

脱いだTシャツの背中が、大きなハート型の口で笑っていました。

2015年8月19日 (水)

ハーラウシャツ。

片付けの魔法にかかってしまった私、クローゼットの奥にしまい込んだまま放置されていた箱についに手を伸ばしてみました。

中からでてきたのは、ハーラウシャツ…いずれもハワイ本校在籍時のものです。

本校のベーシックなレッスン着はTシャツ、パウともに黒地に赤いシンボルですが、大きなイベントがあると、そのためだけにオーダーしたオリジナルカラーの真新しいTシャツを着用します。

当日はクムやアラカイ、ダンサーだけでなく、彼らをサポートするパパ、ママ、おじいちゃん、おばちゃん、そしてミュージシャンも全員お揃いのTシャツを着て集合。

このおかげで、最終リハーサルを前に緊迫した空気の中にあっても、『みんなと一緒』という安心感を得られてホッとしたものです。

これは5周年記念コンサート、こっちはモキハナフラフェスティバル…

愛おしくも、ちょっぴりほろ苦さも含んでいるTシャツに、たまには袖を通してみましょう。

ハーラウシャツは、混雑した会場でも仲間を見つけやすいという利便性だけでなく、手を取り合って緊張の一瞬を共に迎えるであろうダンサーたちのマインドにも、ちょっとした魔法をかけてくれているのかも。

私が遠く懐かしい想い出に浸っている頃、サングラスのおさがりをゲットしたカッツは、ある大胆な構想をひとり練っておりました。

メガネとサングラスの二重掛け。

老年世代には持て余してしまうこの大きなサングラス、活用できる方法を発見したと真面目な顔で報告がありました。

よい子のみんなは絶対にマネしないでくださいネ。

片付けの合間には、セブンのアイスカフェラテを

氷と甘いミルクの粒々が入ったカップに熱いコーヒーを注ぎ、よくかき混ぜてからいただきます。

最近では、1日に2杯は飲んでいるお気に入り

2015年8月18日 (火)

人生がときめく…

暦の上ではもう秋

皆さま、残暑お見舞い申し上げます。

私は通常どおりの毎日ですが、8月第二週はサークルのレッスンがなく、思いがけずお盆休み気分。

さて、映画に行こうか、友人と会おうかと迷っていたところに図書館からの通知メール、予約図書を受け取りに行き、何気なく読み始めました。

この本をご存知ですか?

そして、実践された方はいるでしょうか?

”こんまり”こと近藤麻理恵さんの著作、「人生がときめく片づけの魔法」は世界30か国以上で翻訳、出版されています。

アメリカでは昨年10月の発売以来ベストセラーを維持し、なんと100万部を突破しました。

こんまりさんは米タイム誌の2015年、『世界で最も影響力のある100人』にも選出されています。

こちらは好評を得て発売された、第2弾。

片付けといっても、便利な収納グッズや役立つ収納アイデアを紹介するページは一切ありません。

他の誰でもない、自分自身が手に取り選んだゆえに家の中に存在する多くの”モノ”…それらと真剣に向き合うことで、絶対にリバウンドしない人生1回限りの片付けができるとか。

日頃から片付け上手な人には無縁の本ですが、私は大の苦手。

洋服、小物、本、雑誌、書類、写真…片づけても片づけても、いつの間にか部屋中がモノであふれ、どうにかしなきゃといつも気にしています。

加えて実家と現自宅、収容場所が2ヶ所あるのをいいことに、本当に必要なもの以外のたくさんのモノを抱えて暮らしてきました。

まずは「モノを捨てる」ことから始めますが、捨てるものを選ぶのではなく、残すものを選びそれ以外は手放します。

基準はそのモノに”ときめくか、ときめかないか

「あまり着ていないこのセーター、必要?」と問われれば、「んー、厚手だし、寒い日には着ることもあるかも…」

「では、ときめきますか?」

「ときめくかって言われれば、ときめかないかなぁ。」⇒捨てる

最初はこの基準に半信半疑でしたが、慣れてくると面白いように作業がスムーズに進みます。

家の中の一つひとつのモノを手に取り、自問自答して、自分のときめき感度を頼りに残すものを選ぶ。

結果として、自分がポジティブになれるモノ、幸せを感じるモノだけが手元に残ります。

そんなモノたちばかりに囲まれたこれからの生活は、きっと”ときめく人生”に違いない

なるほど

単純なのですぐに感化され、お休み返上で人生で一度限りの”片づけ祭り”を実践中です。

自分で選んだモノならば、役目を終えたと判断するのも自分。

これから年末に向けて、ゆっくりじっくりカテゴリーごとに進めていく予定です。

数日の作業で、実家では5袋、自宅では2袋の洋服を手放しました。

快・感

こんまりさんがレッスンをしたお宅でのリバウンド率は、なんと0%を維持しているそうです。

実家のカッツ夫も「そろそろ終活しなきゃ。」と会うたびに言っていますが、なかなか実行に移せず。

年老いてからの大掛かりな片付けは、メンタル・フィジカルともに大変な負担を強いられます。

私は一足お先にやってしまおう

早ければ早いほど、これからのときめき人生が長くなります

2015年8月11日 (火)

エコ

ハワイでは、プラスチック製のレジ袋を無料配布しないことが法律によって制定されました。

カウアイ島、マウイ島では4年前、ハワイ島では2年前より実施され、先月7月1日付でオアフ島でも施行されるようになりました。

州として導入を決定したのは、アメリカ合衆国50州のなかでハワイ州が初めてです。

レジ袋の代わりに紙袋を導入したり、レジ袋を有料で提供するなど、お店によってその対応はさまざま。

オリジナルのエコバックを販売しているお店もあります。

2_coco2

こちらはお土産としても大人気ですよね。

禁止となったレジ袋とは、再生されないプラスチック製の袋のこと。

ハワイでは竹やピスタチオなどの自然素材を原料としたレジ袋も作られていますが、これらは通常のものより約4倍のコストがかかるそうです。

ABCストアなどで買い物をしたときに入れてくれるレジ袋、最初の頃は”HAWAI`I”という文字が入っているだけで、日本に帰国してからもきれいに畳んで大切にとっておいたものです。

これからのハワイ旅行にはエコバックが必須アイテムですね。

州をあげて環境へ配慮した誠実な取り組み、立派です

Cruise Breeze Hawaii-麗しのハワイ航路-。

先日の酷暑週間に比べたら、ずいぶんと過ごしやすい週末でした。

陽が落ちて風が入れば室内でも心地よく、これで秋までまっしぐらだと思うと、ちょっと物足りないような…あの暑さから早く解放されたいと思っていたのに勝手なものです。

ドラッグストアでは風邪薬の売れ行きが好調?とか。

あの暑さで眠りも浅く、汗びっしょりの身体でクーラーの冷気にさらされる、そんな毎日の繰り返しでは、体調管理が順調にできるわけがありませんよね。

みなさん、どうぞご自愛ください。

さて、日曜日は久しぶりに都内のイベントに出演させていただきました。

10人で7曲、30分にわたるショー

今回はみんなの踊りたい曲を募り、これがうまい具合にバラけて3つのグループが結成されました。

グループ① Henehene Kou `Aka

グループ②E `Ike I Ka Nani A `O Poli`ahu

グループ③ `Ahulili

JJのソロ”Kawaiokalena”

そして、”Ke Aloha”

全員が「踊りたい!」と手を挙げた”La`ieikawai”

観に来てくれたカッツとランチを共にしながら、忌憚のないご意見を頂戴することにしました。

率直な感想の一番最後に…

「みんな、よくあんなに笑顔で踊れるわね。さすがベテランだわ。私みたいな”ひよっこ”がうまく踊れっこないわよ!」

確か私と同じなので間違いはないと思いますが、カッツはフラを始めて15年を超えているはず

一体いつまで”ひよっこ”で片づける気なのだろう…まぁ、いっか。

初めての場所、初めての衣装や飾り、早着替え、立ち位置、難しい曲、初めて人前で踊る曲、体調の不安など、それぞれにたくさんの「大丈夫かな?」を抱えていたと思いますが、終わってみればグッジョブでした。

ご褒美として、仲間が撮ってくれたDVDを進呈いたします

ですが、ステージは生もの。

あの日あの時に感じた、『あー、楽しかった!』という”感情”を忘れないでください。

映像を観て思うことは、事後、ふり返って湧き起こる”感想”で、それがすべてではありません。

反省点があれば、それを次に活かして前に進むだけ。

次回のステージは秋のカフラホア、この日のラストソングでエントリーしましたので、活かせるチャンスが早くも到来です。

応援にきてくれたみなさん、ありがとうございました。

みんなの緊張もしたようですが、その分テンションもで助けられました。

二の腕がプルプルしながら最後までビデオを撮ってくれたSっち、私のナンパに引っかかり1曲だけでも参加してくれたNカジ、ありがとう。

おまけのショット

心配でしかたがなかった私のMCは、当日になって主催の方が引き受けてくださることに。

何度も手直しをして、完璧な原稿を用意して臨みましたが一気に脱力、結果、最後のちょっとしたご挨拶だけでもグダグダになってしまいました…日々勉強。

初めて会った日に、このイベントにお誘いくださった主催のRさん、そしてスタッフのみなさま、大変お世話になりましてありがとうございました。

恵比寿三越でのこのイベントは、本日が最終日です。

2015年8月 6日 (木)

大輪の笑顔。

今度の日曜日に迫った恵比寿三越でのフラショー

ダンサー、曲、フォーメーション、衣装やレイ、髪飾りが決定し、最後に足すとっておきのスパイスは、みんなの”気持ち”です。

会場はインフォメーション横の小さなスペース、一般のお客様の通路確保の必要性もあり、観客の方々とは最後列でも至近距離です。

「応援に行きますね!」と、連絡をくださる方もいて、あちこちにお馴染みの顔が並ぶようですね…幸せなことです

先日の下見の際、クプナの方々がそれはそれは表情豊かに踊っていらして心に響きました。

すべてが完璧に揃っていたわけではありませんが、そんな事、まったく気になりません。

お一人おひとりに視線を向けると、それぞれに表情の強弱があり、もしこの方とお話したらこんな表情をされるのだろうと容易に想像ができました。

さて、今回は構成の関係上、1曲ごとの衣装替えが難しく、それでも曲の背景やイメージに沿うようにレイや髪飾りに工夫をこらします。

ラストを飾る曲のレイを決めるまでに少し時間がかかりましたが、ようやく昨夜、ハワイより到着しました。

ハワイの空気を身にまとって、私たちも大輪の笑顔で踊りましょう。

しかし、心配ごとが一つ…

このイベントの主催の方はアーティストであり当日出店もされているため、時間によってはMCをお願いすることができません。

先日観させていただいたハーラウでは先生ご自身が大役を務め、その道のプロかと思うほどの完成度でした。

滑舌もよく、小気味よいテンポで次々と曲紹介をこなしていきます。

ノリもよく、アドリブにも対応可…果たして私にアレができるのか。

いまから原稿を作りますが、ムリカモ

ただいま、相方絶賛募集中です

2015年8月 5日 (水)

図書館

都心部では7/31から昨日までの5日間、猛暑日が続きました。

気象庁によると、1875年の観測開始以来、都心での連続猛暑日の最長記録とのこと。

そして、本日も正午過ぎに35℃を超え、前日に続いて記録更新となりました。

梅雨明け後のあの暑さのなかでも、しばらくは賑わっていた屋外のフリースペース…今日のランチタイムにはさすがに私だけでした

メールやLINEでのやりとりも、ご挨拶代わりに『暑いねぇ…』という書き出しから始まる毎日。

行事が盛りだくさんで楽しみなはずの夏、何ごともなく無事に乗り切るのも今年は大変そうですね。

みなさん、どうぞお気をつけください

身の危険を冒してまでサクッと昼食を済ませた訳は、図書館に行きたかったから。

最近はなるべく本を買わず、図書館で借りることにしています。

最近の図書館事情はITの導入により、以前に比べると数段利用しやすくなりました。

登録すると利用者コードが採番され、自分でパスワードを設定したら、ネット上で図書検索や貸出予約ができます。

予約した本が用意されるとメールでお知らせが届くので、こちらが指定した最寄りの図書館に取りに行くだけ。

場合によっては、未所蔵資料の新規購入や、他自治体からの取り寄せなどにも対応してくれます。

驚くのは所蔵雑誌の種類の多さ…ファッション誌から情報誌、専門誌に至るまで、その分野も多岐にわたります。

最新号は貸出不可ですが、読みたい雑誌の多くは閲覧でも充分事足りることに図書館に通ってみて初めて気がつきました。

自宅近くの図書館には”フラレア”も並んでいるんですよ

少し前までは「この本、読みたいな。」と思ったらネットで即注文、早ければ翌日には手元に届く便利さにハマっていましたが、増え続ける本や雑誌の山々を前にため息

本棚に収まりきらなくなってきているし、いざ整理しようと思うと”捨てる”or”捨てない”の判断も意外に難しい。

それならいっそ、買わずに借りてしまおう。

思い立ってすぐに読めなくても、順番待ちの時間もそれほど苦にはなりませんでした。

私は二つの区立図書館を利用しています。

在住に限らず、在学・在勤であれば利用者カードを交付してもらえる自治体がほとんどです。

お子さんがいるご家庭の方は常連さんですよね。

そうでない方にもオススメです

2015年8月 4日 (火)

快適な場所

この人の後に付いていくと、家中で一番快適な場所にたどり着きます。

ここまで気温が高いと一日中エアコンはONの状態ですが、OFFのときは日陰でもっとも風通しのよい場所を見つけてゴロゴロしています。

一日のなかで時間の経過とともに少しずつ移動していくので、見ていて面白いです。

ときどき行方不明になりますが、「まさか、脱走?」と思いきや、そんなときはたいてい自分のケージの中で仰向けになって寝ています。

プラスチックの底面が冷たくて、気持ちが良いようです。

後を付けている私は、”一番快適な場所”のひとつ手前で足止めとなります…つまり、行き着くのは”二番目に快適な場所”。

永遠に一番にはなれません。

はい、負け

家族の誰かがキッチンに立つと、ガスやお湯の使用によって温度が上昇しているその領域にあえて立ち入り、どんなに号令をかけても微動だにしません。

癖にならないようにもちろん何も与えないのですが、振り向くたびにその澄んだまん丸の瞳で見上げられると、ついつい何かあげるものはないかと探してしまいます。

またしても、負け

要は、この人にメロメロな訳です、ハイ

100年に一度

8/3の朝の情報番組で、「昨日は100年に一度しか訪れない貴重な日でしたが、さて何の日だったでしょう?」というクイズをやっていました。

『えー、なんだろう、100年に一度…天体関連かな。あー、見逃ちゃった。100年に一度ならもうお目にかかれないじゃない!でも、あまりニュースになってなかったような…知る人ぞ知るのレア情報?なんだろ、なんだろ??』

と、テレビにかじりつくようにして、答えの発表を待っていました。

正解は”イチゴパンツの日”

えーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年8月2日で1582⇒イチゴパンツ

あるネットショップでは、イチゴパンツの特売キャンペーンもやっていました。

確かに、次の”イチゴパンツの日”は100年後の2115年8月2日。

朝の貴重な数分間を返してください。

これを読んでくださったみなさまにも、お返ししなければいけませんね

ハワイの植物。

8月に入りました。

各地で35℃以上の猛暑、最低気温が25℃を下回らない熱帯夜が続いています。

東京でも今週木曜日までは最高気温が35℃の予報

熱中症については万全な策を講じているつもりでも、なんとなく気怠い毎日です。

熱中症になると4日目くらいから急激に体調が悪化するそうで、気づいたときには手遅れとなる危険もあります。

こまめな水分補給、室温管理など、自宅にいるオフの日こそ常に気をつけて生活する必要がありそうです。

2015年の夏は”冷夏”…と、どこかで耳にしたような気がしますが、気のせいかな。

ハワイもここ数日無風状態でとても暑いそうです。

さて、次の日曜日に出演させていただく、恵比寿三越で開催中の『Cruise Breeze Hawaii-麗しのハワイ航路-』にステージの下見を兼ねて行ってきました。

今回お声をかけてくださった主催の方が”マニアックな…”とおっしゃっていた通り、個性的な店舗が数軒並んでいます。

ハワイの植物を扱うお店には、プルメリア、ピカケ、ティー、ココヤシ、オヒアレフアなどが並んでいます。

こちらは大変珍しい、種から育てたプルメリア

挿し木の状態で売られているのがほとんどのプルメリア、これなら産声をあげたばかりのベイビーから手塩にかけてじっくりと育てることができます。

ただし、蕾を持つのは6~7年後…だからこそ、初めて花輪を発見したときの気分は格別でしょう。

我が家のピカケ、瀕死の状態から一転、介護の甲斐あって数輪の蕾を持つまでに回復しました。

こちらはオヒアレフア、順調に背丈が伸びています。

ハワイ島の活火山キラウエアに多く生息しているだけに乾燥を好む植物。

この暑さでも水やりは根っこが完全に乾いてから、数日に1回でOKというアドバイスをいただきました。

日本でも正しく育てれば花が咲くとのこと、楽しみです

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »