« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月28日 (木)

初甲子園

ドンしましたね

夏といえば甲子園

昨日、第98回全国高校野球選手権西東京大会決勝が行われ、八王子学園八王子高校が延長11回の激闘を制し、春夏通じて初の甲子園出場を決めました。

3度目の決勝戦進出にして初V、ヤッホーイ

東京23区を除く人口40万人以上の全国の市町村のうち、春夏甲子園出場校が出ていないのは八王子市と横須賀市だけだったそうです。

八王子市にはその周辺部も含めて23の大学、短大、高専があり、全国でも有数の学園都市…大学誘致にとても力を入れている時期がありました。

夏の甲子園、西東京大会には八王子高校を含む16校が出場、ベスト16に1校、ベスト8に1校が残りました。

以前勤めていた会社の営業マンが、予定表ボードの行先欄に”八王寺”と書いたのを黙って訂正したことがあります。

東京都に属することを未だに知らない人もいるんです

的外れな気もしましたが、何といっても地元…両親宛にお祝いのメールを送ったところ、カッツ夫からかしこまった文体でこのような返信が届きました。

「ありがとうございます。こちらは盛り上がっていますよ

関係者さながら、かなり興奮している模様です。

準々決勝では、あの怪物スラッガー清宮くんを擁する早実を破り、そこで勢いに乗りました。

有名クラブチーム出身者も、プロ注目の選手もいない…高校生らしく爽やかな等身大の野球で、初めての甲子園でも固くならずに伸び伸びとプレイしてくれることを願っています。

こう見えて私、高校野球が大好きです。

多くのプロ野球選手を輩出した名門、大阪のPL学園野球部が今夏限りで休部となるなど寂しいニュースもありましたが、十代の熱い夏に乗っかってみようと思います。

ガンバレ

2016年7月27日 (水)

Kaua'i。

首都圏での水不足は未だ深刻です。

関東1都5県の”水がめ”といわれる利根川水系8ダムの貯水量は平年の6割程度、『列島渇水』と呼ばれた1994年と同水準にあるとの報告がありました。

この年は東京都に渇水対策本部が設置され、関東の一部の地域では断水を余儀なくされました。

昨年からの暖冬による雪不足に加えて梅雨時期の降水量も少なく、さらに関東地方は近く梅雨明けする見通しで、国土交通省は『予断を許さない状況』であるとのコメントを発表しています。

蝉の鳴き声が朝から元気に鳴り響く季節となりましたが、少し不安な夏の幕開けとなりそうです。

ハワイでは、先週末から今週初めにかけて大荒れの天気となりました。

日曜日にハワイ島に上陸したトロピカル・ストームが月曜日にはオアフ島を通過、民家の1階部分が水浸しになったり、道路では車が立ち往生し、ハイウェイの一部が封鎖されました。

ハリケーン4号は勢力を落としストームとなってハワイ諸島に接近してきましたが、オアフ島の東側、うねりの強いマカプウ・タイド・プールでは、カリフォルニアからの旅行者で6歳の女の子が高波にさらわれ、救助のため海に飛び込んだ父親と一緒に亡くなるという痛ましい事故が起きました。

これからの季節、日本でも増えるレジャーでの事故…今夏はニュースで見る機会が少なくなることを祈っています。

さて、ストームを交わしてカウアイ島を訪れた友人から写真が送られてきました。

カウアイ島全島マップ

ホノルルから飛行機で約35分、ハワイ諸島の最北端に位置する別名”ガーデン・アイランド”。

火山活動によって形成され、海面に姿を現したのはおよそ500万年前から600万年前、ハワイ主要8島の中で最古の歴史を持つ島といわれています。

別名の表す通り、豊富な雨量によって育まれた大自然の荘厳な景観は、訪れる人々を魅了してやみません。

Koke'e

コケエではいつもジンジャーが綺麗です。

コアの木もたくさん生えていて、マナを強く感じたと言っていました。

Waimea Canyon

Hanalei

私にとってはほろ苦い想い出の残るカウアイ島…それでもこんな景色を見ると、いますぐにでも飛んで行きたくなります

2016年7月19日 (火)

ドン!はいつ?

昨日、東海地方までの梅雨明けが発表されましたが、関東甲信地方については未だその判断に至っていないということです。

”梅雨明け宣言”がされないかぎり、「位置について、ヨーイ…」の状態で待たされいるような感じでスッキリしません。

ドンと声が掛かるのも、もう間もなくでしょう。

これまでの統計値によると、関東地方の梅雨明けは7/20前後が多いようです。

過去65年間でたった一度だけ梅雨明け時期が表記されていない年がありました。

それは1993年、『はっきりしなかったため特定しなかった』という注釈が付いています。

科学技術の進歩が目覚ましい現代においても、それほど難しいということですね。

さて、皆さん三連休は楽しく過ごされましたか?

私はこの方と二人でお留守番…おかげさまで作業が予想以上に捗りました。

日曜日は朝からすっかり気を許してこんな感じで爆睡していましたが…

午後13:30頃の地震で飛び起き、雷のときと同じようにゆっくりと机の下に移動してきました。

左に写っている私の足が見えるでしょうか、背中をピタッと添わせて安心感を得ている様子が愛くるしいでしょ

こちらは元気にすくすく成長中のプルメリア

2月の渡ハの際、限られた時間のなかで慌ただしく飛び回り、やるべき事をやりきってようやく一息つけたのが帰途に着くホノルル空港。

そうだ、何か残るものを買って帰ろう。

とはいえ、ここで手に入るもの…

迷う時間もなく、すぐ目の前にあったハワイ土産の定番、ビニールに入って売られているあのプルメリアの苗木を手に取りました。

頂いたり買ったりして過去に何度か挑戦するも、いずれも花が付く前に枯れてしまった”空港の苗木”。

帰国後、引っ越しもあって袋に入ったままの状態で放置、ようやく段ボール箱の中から発掘したのが4月。

さらに時間が経ち、気づいたときには白い根が生え始めていました。

もしかしたら今回は上手くいくかもしれないと、時期を見計らって水栽培からプランター栽培に切り替えたところ、上の写真のように葉が茂ってきたのです。

葉が展開するということは根がしっかりと張っている証拠…このまま順調に育ち、いつの日か花を付けてくれたら嬉しいです。

一方、ハーラウの花たちは大丈夫かしら?

池袋フラフェスタ、想定外に複雑な構成となってしまいました。

3ヶ所のステージを、毎回同じメンバー、同じ曲、同じ立ち位置でこなしたら私もみんなも楽チンですが、みんながなるべく多くの曲を、なるべく違った立ち位置で、たまにはクラスの垣根を超えて…そんな事を考えていたら、こんな事態になりました

前日の夜は充分な睡眠をとり、アタマとカラダをシャキッとさせてきてくださいネ。

みんな、頑張れるよね~

オシャレ歓迎会。

あら?

見間違いかしら

いえいえ

”やればできる”とばかりにオシャレをして集まった5人と、急遽ピンチヒッターとして登場してくれた1人。

場所も変われば、写真の納まり方も変わってきますね(笑)

AKBに入会したY子ちゃんの歓迎会を、今度はクラスのメンバーで行いました。

体調不良で欠席となってしまったAしの穴埋めを、前回の会に参加できなかったRいちゃんが当日のお誘いにもかかわらず快く引き受けてくれて、思いがけずのメンバーで楽しむことができました。

『地上100メートルの絶景を臨む 天空のフレンチダイニング』での素敵な時間。

周囲はみーんなカップル

誰もが「今度はあの人と…」と妄想したかどうかは定かではありませんが、お料理はどれも美味しく、サービスも最高…誰もが「ぜひまた来たい」と思ったことは間違いないでしょう。

Sほさん、大変お世話になりました。

何度も聞き返したくなるような感想を述べられた支配人様にも、どうぞよろしくお伝えくださいませ

次回はICGで行きましょうか

2016年7月13日 (水)

コンサート出演情報。

来たる9/4(日)、こちらのコンサート”NA MELE O KA PU'UWAI”に出演させていただくことになりました。

20160713_121027

日時 9月4日(日)開場13:00 開演14:00
会場 伊勢原市民文化会館大ホール
料金 一般席¥4,850 指定席¥5,850

クムの事を知ってすぐにメールをくれたN先生、10年以上の時を経て再び同じステージに立つ日が訪れるとは嬉しいかぎりです。

ゲストミュージシャンは大人気の”Waipuna”。

3年前に彼らのCDを使って受けたワークの曲を選びました。

クムらしく難しいモーション、見るのと踊るのとでは印象が大きく異なるのも”ならでは”でしょう。

ダンサーの手も腰も止まらず動き続ける様は、見ている側に何とも言えない心地良さをもたらしますが、対して”振りを覚える”という行為はカウントに振り回されてしまう傾向にあります。

ハワイアンソングの多くが4拍子であるため、またフラステップは曲のリズムを捉えて床を踏むため、ハンドモーションも1、2、3、4で一区切りと捉えがちです。

無意識的にステップに合わせて1を起点、4を終点としてモーションを4カウントずつに分けてしまい、結果、一つひとつを切って繋げたような恰好になります。

それでは歌の世界を表現するという意味において、パワーが半減してしまうのです。

ぶつ切りの踊りを見て、クムはよく「流れて!」と叫んでいました。

難しいですね

コンサートでは、5周年Ho'ikeでワヒネ全員が踊ったあの曲に再び息吹を与えて、CDと同じ歌声を今度はLIVEで聞きながら踊ります。

この曲の装飾についてクムとやり取りした内容を鮮明に覚えています。

「こんなのもいいね。」なんてアドバイスをいただきながらも採用とはならなかった髪飾りを、今回は使ってみようと考えています

クムの”PASSION”を会場の皆さまと共有できる喜びを感じながら踊るつもりです。

開催場所が遠方のためダンサーも少ないですが、予定がつかなかったみんなの分まで…どこにいても気持ちはシェアできますから

仲良しの横浜教室も別枠で出演します

伊勢原って遠いようですが小田急線快速急行を使って新宿から54分

もしもお暇でしたら、ぜひ遊びにいらしてください

2016年7月12日 (火)

髪飾りづくり

新しい試み…髪飾りの制作を始めてみました。

以前トライしたことがあるのですが、グルーガンの扱いに不慣れでステージ上で身に付けるにはちょっと…。

今回はご教示をいただき、こんな感じに仕上がりました。

反対側から写すとこのように…

花と花の間を埋める紫陽花、これがいい働きをしてくれています。

華やかさの演出はメインのお花ではなく、実はこうした脇役だったりすることも。

季節は過ぎましたが、お店には売り場の一角を占めるほど、大きさや色の異なるさまざまな紫陽花が所狭しと並んでいました。

第1号の髪飾り…まだまだ改良の余地があり販売されているものに比べたら不出来ですが、悪くないのではないかしら。

この分野の手芸が気負いなくできるようになると、イメージ通りの商品を探すのに要する手間が大幅に軽減され、またお財布にも優しい唯一無二のオリジナル品をダンサーのみんなにお届けできます。

ドレスは年に何枚も作れないけど、髪飾りとレイを替えることで曲の世界にぐっと近く…妥協と追及との軋轢を抑えられることでしょう。

花材に高価なものを使えば見栄えがよく素敵ですが、その分お値段は当然アップ…いかに安価な材料で納得のいくものを仕上げるか、工夫を凝らすのが難しそう。

でも私、凝り性なので

もう一つ重要なのが、いくら素人とはいえ品質…これは実践で耐久性などをチェックすることになります。

ステージ上でお花がポロリと落ちてしまったりしたら、本当に残念ですもの。

かといって大量にグルーを使えば、お花は固定できても重くて扱いにくいものに。

でも私、几帳面なので

ちょっと頑張ってみますネ

2016年7月 7日 (木)

七夕

ここ数日ずっと疑っているのですが…梅雨、明けてませんか?

もうこれは夏ですよっ

気象庁の発表によると、本日の最高気温の予報は東京地方で36℃

NASAの気象学者は、「2016年は史上最も暑い年になる」と警告したそうです。

家族のなかに大のクーラー嫌いがおりますが、そんな事に耳を貸している場合ではありません。

正しい熱中症対策を取らなければ、命に関わる危険性もあります。

皆さんもどうぞご用心くださいませ。

さて、夕方からは雲が多くなるそうで、織姫と彦星のデートは確認できそうにありませんね。

七夕の起源は中国、日本には奈良時代に伝わったとされています。

その中国では近年、西洋から伝わった2/14のバレンタイン・デーに対し旧暦の七夕を中国伝統のバレンタイン・デーと位置付け、恋人たちへ向けたイベントとして各業界が商戦に挑んでいるそうです。

お隣の韓国では、1年ぶりに出会った二人が嬉し涙を流すため七夕の日には雨が降るとされ、もし翌日まで雨が続くと、それは別れを惜しむ二人の悲し涙に変わったといわれています。

願い事を書いた短冊を笹に飾るのは日本独自の文化。

元々は手習い事の上達を願うものだったそうで、子供たちがよく書く「○○になりたい」といった将来の夢よりも、どんなことが上手になりたいかを書くのがよいと聞いたことがあります。

あらー、みんなにピッタリじゃなーーーい。

さ、願いを叶えるべく竹刀を用意しなくっちゃ。

笹と竹、似たものつながりでネ

2016年7月 6日 (水)

切手シート

日本郵便から、『夏のグリーティング』の切手シートが発売になりました。

今年は南国のビーチをイメージしたデザイン

使う当てがなくても、これは買っちゃうでしょ。

昨年は可愛いシェルの図柄でしたが、購入したものの未だ手つかずのまま

Photo_2

日本郵便では、さまざまなテーマの特殊切手シートを年間に数多く発行しています。

公式サイトに掲載されているプログラムによると、平成28年度は全50種を予定。

多くてひと月に6種、年間に均すと1週間に1種の割合で新規の切手シートが世にでている計算となります。

テーマは、上記のグリーティングシートのような手紙文化の振興のための題材であったり、その年の記念事項の題材であったり、また、ファンやコレクターも多い年度をまたいで継続されているシリーズものもあります。

今年度の記念事項としては、伊勢志摩サミット、日本・ベルギー友好150周年、日本・イタリア国交150周年など。

そして、8/11が新たに国民の祝日「山の日」に制定されることを記念して発行されるシート、こちらは8/10に発売です。

郵便物の料金が改訂されると差額分の切手を買い足さなくてはならず、私の手元にも大事にし過ぎてしまった50円・80円の切手シートがたくさんあります。

たまにはお世話になっている方々に、暑中お見舞いのハガキでも書いてみましょう

2016年7月 5日 (火)

昨日も暑かったですね

梅雨の中休みというより夏本番のような空気感、日本特有の蒸し暑さとなりました。

東京では午後に突然の雷雨となり、一時的な強い雨に傘がなくて困った人も多かったのではないでしょうか

その後は晴れ間がでて、空に大きな虹が掛かったそうですね。

残念ながら、私はこの子にかかりっきりで見逃してしまいました。

先代の2頭は親子でしたが喜ぶツボや怖がるツボに大きな違いがありました。

子どもの方は雷が大の苦手で、ゴロゴロと鳴るやいなやしがみついてくるような有り様。

大きな身体で膝の上に乗ってくるのでこちらも身動きが取れず、抱き合ったまま時が過ぎるのをひたすら待つことになります。

抱きつく人が見当たらないと一目散に部屋の隅に駆け寄り、大型犬でもここまでコンパクトになるのか…というくらい小さく丸まってブルブルと震えていました。

さてこの方、どうなるのかと思ったら…

安全と思われる机の下にゆっくりと移動して身を潜め、様子を窺いつつ独りでじっと耐えるタイプでした。

なかには遠吠えしたり、ぎゃん鳴きしたり、暴れる子もいます。

初体験の反応が心配だったのですぐ側で見守っていましたが、頑張ったね、偉かったよ

鳴りやんでもしばらくは動かず、慎重派なのかもしれませんネ。

数日間に及んで決行したハンストは突如解除となり、今朝はモリモリとご飯をたいらげていました。

まだ大きくなるのかな。

もうそろそろいいんじゃないかな…

こう見えて、8月でようやく1歳になります

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »