« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

第2回フラ友と踊ろう!。

スパリゾート・ハワイアンズでのショーは、大成功でしたね

出演した生徒の皆さん、本当にお疲れさまでした。

お話をいただいた時から、すべてのダンサーの心を一つにステージに臨みたいと思っておりました。

その願いが叶ったのは、冒頭の数分間をクムを偲ぶ時間として割いてくださったおかげです。

ショーのお話を勧めてくださったU田先生は、クムのために『Aloaha 'Oe』をハーモニカで奏でてくださいました。

お忙しい毎日をお過ごしのことと思いますが、一生懸命練習してくださったのでしょう。

あんなに胸を打つ『Aloha 'Oe』は初めてでした。

私たちはステージ上で手を繋ぎ、その音色を聴きながら、誰もがクムのことを強く想ったはずです。

総勢44名、心が一つに繋がったと感じられる瞬間でした。

その後はいつものごとく怒涛のショータイム、あっという間の11曲。

ラストソングは全員で『Hali'ali'a Aloha』でした。

あの悲しいニュースからもうすぐ10ヶ月…歌詞の内容がようやく私たちの心とリンクできるほどに時間が経過しました。

いま、クムはどこで何をしているのでしょう…夢にもちっとも現れないし。

でも、ある人からとても幸せに過ごしているとも聞いていますので、もうそろそろ安心していいのかもしれませんね。

ところで、アラカイからのサプライズ・ソング、舞台裏で忙しくしていたみんなの耳にも届いたでしょうか?

あの曲の仕掛け人はN先生、いまこうしてみんなと一緒に踊ることができる幸せを噛みしめながら、亡くなってからもなお、私たちを導いてくれるクムに、そしてそれに応えてくれる生徒さんたちに感謝の気持ちを伝えたかったのだと思います。

それはアラカイの総意です。

音源はいまから4年前、鎌倉芸術館で行われた10周年記念コンサートで歌ったクムの声をそのまま採用しました。

みんな、気付いてくれたかしら?

クムの声だと分からなかった人もいて、いつかまたもう一度お願いします…と

日ごろ遠く離れていても、一緒にレッスンをしていなくても、いざステージとなれば、ダンサーたちの心が通い合う素敵なショーができるのは”マイカラニ”の強みです。

種を撒いてくれたのはクム、この花たちを大切に育てていきたいと改めて思いました。

翌日はちょうどチェックアウトの時間帯にお天気雨となり、空には虹がかかったそうですね。


Pちゃん撮影

やっぱり来ていたか…イタズラされなくて良かったね

あのステージに立たせてくださったすべての皆さまに、心から感謝申し上げます。

2016年11月24日 (木)

ラニーニャ

予報が当たって、7時くらいからでしょうか、雨は雪に変わりました。

寒い寒い朝です。

東京では初雪…11月に観測されたのは1962年以来、54年ぶりとのことです。

関東甲信地方に流れ込んでいる真冬並みの寒気の影響で降る雪は、お昼過ぎまで続く見込みで、東京23区内でも2cmの降雪が予想されています。

そうなると、観測史上初

季節を先取りしたこの寒さ、『ラニーニャ現象』がもたらしているものだそうです。

エルニーニョなら知っているけれど…

エルニーニョ現象とは、南米ペルー沖付近の海面水温が平年より高い状態が、およそ1年以上続く現象のことをいいます。

ラニーニャはその逆で、海面水温が平年より低い状態…2年程続いた長いエルニーニョが終わり、秋からはラニーニャが発生しているそうです。

エルニーニョが起これば暖冬・冷夏、ラニーニャが起これば厳冬・暑夏になるといわれています。

ひぇーーーー。

元気に乗り切る自信がありません

まずは、手近なこの人に抱きついて暖を取りましょう。

日曜日からはハワイアンズ、ゆかいな仲間とおしゃべりを楽しみ、飲んで食べて笑って、おまけにスパを堪能し、たっぷりと癒されてまいります。

参加するダンサーはお忘れ物なきよう、特に赤ベロアドレスのヨークはダブルチェックしてください。

もし忘れたら、大変なことになりますので

2016年11月22日 (火)

エイ、ヤー

最近の私は幸せが何度となく逃げていく、その後姿をぼんやりと眺めています。

大したことはないのですが、ふと気づくとため息ばかり…

でもね、寝言では笑い声をたてているんですって

だからきっと、心の奥の奥は元気なんですよね

朝起きると、部屋着をこんな風に脱いでいるのを発見…記憶になし。

時短のつもりか、単なるズボラなのか。

この人は相変わらず、何の前触れもなく抜き打ち検査のごとくやって来ます。

何なら、私より先にベッドで横になっていたりもします。

その時々のお気に入りのオモチャを一つくわえて上がってきては、帰りは手ぶらならぬ口ぶら。

あのオモチャはどこいった?とご機嫌が悪くなる前に、溜まったオモチャを1階に戻すのは…ハイ、もちろん私の役目です。

いいですか、自分のことは自分でしましょう。

皆さんにとっては面白味のない写真でしょうが(笑)、こんな日常をたま~~に切りとってはInstagramに載せています。

よかったら覗いてみてください。

さて、ハワイアンズのステージに向けて髪飾りを作りました。



”ホワイト”というお題に沿って材料を揃え、何となくの配置でエイ、ヤーと完成させました。

意外に素敵な仕上がりでちょっとビックリ

貴重なお休みの日にも関わらず、お手伝いに来てくれた4人の生徒さん、ありがとう。

残り1回のレッスン、頑張りましょう。

”曲に乗る”…アップテンポでもスローでも言うは易し行うは難しですが、最善を尽くして大きな舞台に臨みます

教訓

お久しぶりです。

皆さま、体調を崩してはいないでしょうか。

寒暖の差が生む紅葉が美しい季節ですが、冬はもうすぐそこまで来ています。

幼稚園や小学校では胃腸炎が大流行、先生も倒れる事態だそうです。

どうぞ温かくしてお過ごしください。

今朝の地震、びっくりしましたね。

揺れが徐々に大きくなるにつれ、恐怖心が煽られるような感覚でした。

現況を伝えるキャスターの、「東日本大震災の時のことを思いだしてください。少しでも遠くへ、少しでも高い場所へ今すぐ逃げてください。」との緊迫した声にハッとしました。

被害の大きかった地域にお住いの方々にはとても辛い事を強いるようですが、遠く離れて暮らす私たちにも、あの時に学んだ、得た、知った事が教訓としてしっかり生かされているのではと思いました。

仙台港で観測された津波は1.4m、宮城、福島両県では引き続き津波警報が出ており、さらに大きい津波が襲来する恐れもあるとして強い警戒を呼びかけています。

特に沿岸地域にお住まいの皆さま、不安にかられ、心の動揺も私たちの比ではなかったことでしょう。

ただ一つの被害もでないことを、そして平穏な日常が一刻も早く戻ることをお祈りしています。

2016年11月 1日 (火)

小さな幸せと大きな楽しみ

秋を一瞬で飛び越えた師走のような寒さを体感し、身体のあちこちに力が入り緊張しているかのようです。

気候のせいなのか、いろいろと重なった雑事のせいなのか、引っ越しの疲れからなのか、ココロもカラダもなかなか緩んでくれません。

ふー、自分ではよく分かっています…どれも違うって。

えーい、書いてしまえ。

クムが恋しいです。

10月初めにはクムのお誕生日がありました。

会ったばかりの頃、「お誕生日はいつですか?」と聞いたら、「10月”ふつか”だよ。」と教えてくれました。

”ふつか”なんて日本語、よく知っているなと感心したものです。

昨年9月のワークが、東京教室最後のクムの直接指導でした。

みんなでお祝いできて良かった

そういえば、あのとき贈ったマッサージャーはどこにあるんだろう。

私とMちゃんとで送ったユニクロのダウンベストは、クムの自宅の寝室のドアにタグも切られぬまま掛けられていました。

ハワイでダウンなんて着ることないから、次回日本に来るときまで私が預かるって言ったのに、どうしても持ち帰ると聞かなかった。

だからね、ほら…最後の来日となった昨年12月の神戸に持ってくるの、忘れちゃったじゃないのー。

スリムになったからUNIQLOの服がフィットするって、あんなに喜んでたのに。

最後のチャンスだっだのにね。

夏が過ぎて気温も適度に落ち着くこの時期、毎年のようにクムが来日していました。

今年は来ないんだな…そう思ったら、新たな感情、”寂しさ”がこみ上げてきました。

悲しい、哀しいとはまったく違った味です。

それでも、そんな毎日の中でも、私なりの小さな幸せを見つけることはできるようです。

秋の空、どこまでも続く雲の模様が美しかった

ベランダ用に置かれたゾーリの履き心地がサイコー…なのですが、これからの季節にはちょっと不向きです

とうとう出会った!こんなに浅いのに、絶対脱げない優秀パンプス用ソックス

今年も登場!大好きなカキフライ定食は、ICGレッスン帰りのあの地下のお店。

素晴らしい趣旨のコンサート、仲間の応援に加えて自己啓発も叶いました

そして、今月末にはスパリゾート・ハワイアンズでの大きなステージが控えています。

全国から集まるダンサーは総勢44名、心を一つに、同じ想いを胸に。

素敵なショーとなるよう、各教室ともあと一息レッスンを頑張りましょう。

じゃないと、空から怒号が飛びますよっ

もう、いーくつ寝ると♪…いまからとても楽しみです

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »